AGA治療の8割は下調べで完了っていう話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはマタキです。

Yahoo知恵袋とかで「AGAについてみんな何で困ってるんだろう?」って覗いてみて、多分この人は治療がうまくいかないだろうなぁ…っていう惜しい人がいたりするので今回は一人でも迷子を減らせるように導きます。

日本人が苦手な科学的思考を鍛えないとコロッとやられるぞ!

理系離れや日本人の数学能力とかの学力が年々落ちてきてるのは毎年ニュースになってるけど、別に数学とか物理に限らず自分が直面している問題を解決するには科学的思考は大事。

日本人は精神論や根性論が好きだけど、それだけでどうにかなった!って経験は多少はあるかもしれないけど、よーく考えてみたら「ただ念じただけ」じゃないでしょ?

例えば受験。

志望校に受かりたいから、受かりますように!って念じるだけで受かったぜ!なんて友達はいなかったでしょ?笑

きっと傾向と対策を分析して何度何度も試験問題に向かって頭を捻って問題を解決する筋肉を淡々と鍛えていたハズ。その行動を支えていたのは根性かもしれないけど、根性はあくまで行動するための燃料じゃない?(僕の場合は好きな子と同じ学校に進学するんだ!という下心が燃料。)

 

そんなわけで「AGAを克服して亡くしてしまった自信を取り戻す!」という熱い気持ちを燃料にして

AGA治療に効果のあるなしを科学的に判定・検証するというスキルでAGAというモンスターを駆逐してやりましょ。

このスタイルが身につけばネットという暗黒世界に生息しているアフィカスみたいな奴らに騙されることはなくなる。

ってことで駆け出しのAGA治療初心者がつまづくであろうポイントを科学的に潰していくので真似するように。

効能効果がエビデンスありで期待できるのは3つだけ:他はトンデモ

まずネット広告に騙されないように基礎的な部分から。AGA治療の先輩はみんな知ってる事実ですが、そもそもAGAに効果が認められている医薬品はたったの3つ(メッチャ効果的なやつね)しかない!ので他の薄毛対策商品はスルー。

詳細は日本皮膚科学会ガイドラインで確認してね。

ここから分かるのはAGA治療に推薦できるレベルで有用なのは

  • フィナステリド
  • デュタステリド
  • ミノキシジル(外用)

しかないってこと。

これが現代科学の答え。

ミノキシジルの内服つまりミノキシジルタブレットに関してはそもそも薄毛対策としての臨床実験が行われていないことと副作用の観点から。(実際にはクリニックではバンバン処方されてるし、発毛に成功する人の多くは使ってるけど…)

これはAランクにしちゃったら何かあったときに責任取れないぞ!って強い意志の現れでもあるのでそこのところは汲み取って。

となると、YouTubeとかLINEの広告に出てくる薄毛対策商品ってどうなんだ?と疑問に思うかと思います。アレってメチャクチャ耳障りの良い動画や文章で薄毛に悩む男の心を鷲掴みだよね。

例えば「◯◯使ったら薄毛ともさよならして彼女ができた!」みたいな頭の悪い広告が薄毛対策商品(というかコンプレックス商品全般)には多いけど、別に効能効果のエビデンスに関しては1ミリも触れてないじゃないですか?

なんなら広告に出てくる「彼女」なんて有料の素材写真だったりする。たちの悪いものだと画像の合成とかで捏造とかもフツーにある。闇でしかない…

何が言いたいかというと

キャッチーな広告に載せられてないで、その効果の根拠はどっから?って一度疑問に思って自分なりに調べるようにしましょう。

ちなみに「○○大学教授も絶賛!」とかの広告もその人が本当にその大学の教授か調べましょうね。日本人はこういう肩書に弱いという性質を利用した詐欺師が使うような手法だから。とにかくエビデンスつまり証拠を見つけて、裏を取るってことをしないとクソみたいな健康食品やらナンチャッテ医薬品もどきに大事なお金を突っ込むことになるから。

ドラッグストアで抜け毛対策だけはしてはいけない

まず最初に薄毛で悩んだらドラッグストアに駆け込んで薬用シャンプーやら育毛トニックに手を出しそうなもんだが(僕はそうした)一番バカな行為。だって、もしもドラッグストアの商品で薄毛や抜け毛がどうにかなるんなら日本人からハゲはとっくに絶滅していても不思議じゃない。

あとドラッグストアの店員に「なにかオススメのシャンプーってありますか?」的な質問も無意味だから。彼らの仕事は品出しや陳列やレジ打ちであって商品に関しての知識なんて別にないから。

もしも自転車がパンクすれば自転車屋さんに修理してもらうように、髪の毛のトラブルも専門家に相談するのが当たり前じゃない?

シンプルにまとめると、冷静になれ!

健康食品の中にはもちろん良いものもあるよ

薄毛に効く!的な健康食品に対しては99%疑うスタンスでいれば騙されることはないけれど、これは全ての健康食品がダメだってことではないからね。中には間接的に髪の毛に効果がありそうだなって健康食品とか食品はやっぱりある。

例えば、納豆とか魚。血液をサラサラにしてくれるから頭皮の血液もサラサラになって栄養が運ばれやすくなるよね?

大事なのは森の中の一本の木を見るのではなくて森全体を見るってこと。

森全体(つまり体全体)にいいことは当然一本の木(つまり髪)にも良いよね?このスタンスなら薄毛対策ゴリ押しの健康食品に騙されるようなことは激減。

まとめ:自分の頭で考える癖をつけてればAGAも怖くない

そうは言ってもやっぱりAGAを克服したいと思い始めた頃は目に入ってくる広告に飛びつく気持ちは痛いほどわかります。ぶっちゃけ騙されることで賢くなっていくってのも事実。

騙されたとしても自分が未熟だったと受け入れれば効果的な方法に出会う確率は確実に上がっていくので挫けないでください。僕なりに効果があった方法をまとめた記録もあるので良ければ参考にしてみて。

https://note.com/matakifukuoka/n/n6e924af4ca1d

おまけ:オススメ書籍のご案内

いきなり科学的思考!とか言っても何をどうして良いかチンプンカンプンだと思うので、科学的思考に基づいて体調を劇的に回復させた方の書籍を紹介しておきます。僕もこの本を読んで得た知識を実践し始めたら風邪をひかなくなり、生産性は三倍くらいは上がっております。

科学的思考も身につくし、健康にもなれるしで買わない理由がない!と言っても過言ではない一冊ですので興味がある方はAmazonでポチってくださいな。

「最高の体調」って本っす。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*