知りたくないですか?実際に髪の毛を生やした僕が毎日飲んでいる秘密の飲み物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、マタキです。(@matak1fuku0ka

今回はAGA(男性型脱毛症)の僕が飲みはじめて体は羽が生えたように軽くなり、集中力は持続し、友人からも「きれいな黒髪だね」と言われるようになった秘密の飲み物を紹介したいと思います。

結論から先に言うと味噌汁です。

そんなシンプルな飲み物で体の調子と髪の毛のコンディションが整うのか?と思うかもしれませんが、あなたは毎日何杯の味噌汁を飲んでいますか?

おそらくあまり飲んでないのではないでしょうか?日本人の食生活は戦後から急速に欧米化が進んでしまったので以前は当たり前のように飲んでいた味噌汁を飲まなくなった人が多いかと思います。

そこで今回の記事では改めて日本のスーパーフードと言っても過言ではない味噌汁のパワーと僕が毎日作っている「たったの5分でできる味噌汁のレシピ」を合わせて紹介したいと思います。

「味噌汁を飲む生活」で食生活が変わればあなたの体が変わり、そして人生が変わります。

さぁ、人生を変える準備はいいですか?

AGAなら食べないと損する味噌の秘密

味噌には様々な効果があるのですが、今回は特にAGA男性に嬉しい効果について絞ります。

血行が良くなって頭皮に十分な栄養が行き渡る

ドラッグストアで育毛トニックを買って血行を改善しようとするくらいなら味噌汁を飲みましょう。味噌汁は血管の弾力性を増して血行を整えると言われています。

僕は暖かくても足の指先が冷たい結構な冷え性だったのですが、味噌汁を飲むようになってからは冷え性で悩むことはなくなったんですよね。

頭皮の血行も良くなっているようで飲み始めてからは髪の毛の成長が早くなったように感じます。

あなたの髪の毛に必要なアミノ酸の全てがここにある

味噌には必須アミノ酸9種類が全て含まれていて、このアミノ酸は髪の毛の材料でもあるので摂取はマスト。重要なのは必須アミノ酸9種類をコンプリートしていること。実は必須アミノ酸はどれか一つでも不足してしまうと、その不足したアミノ酸を基準にしたタンパク質しか合成されないのです。

9枚の板でバケツを作るのをイメージしてもらうと分かりやすいのですが、一枚だけ高さが低かったら、その部分から水はガンガン流れていっちゃいますよね?だからバランスよく9種類全てを摂取することが重要。

そして、食品に含まれるアミノ酸のバランスが、体の中でいかに効率よく働くかを評価する「アミノ酸スコア」なる成績表があるのですが、大豆タンパク質のアミノ酸スコアは100!

動物性食品の方がアミノ酸スコアが高そうなイメージですが味噌だって負けてません。

アンチエイジング効果で老け込んだ雰囲気とはさようなら

アミノ酸スコアだけを基準にすれば別に肉や卵でもいいじゃないかと思いますが、味噌には動物性食品にはないアンチエイジング効果があるんですよ。

肉食をした場合では1日で血液はドロドロで工業用水に汚染された河川のように汚くなりますが、菜食の場合は1日で血液はサラサラになりその透明度はまるで沖縄の海のよう。血液の状態が良ければ良いほど体の炎症は抑えられて老化は起きにくくなるのはわかっているので日本の伝統的食材である味噌はここでもパワーを発揮!

ちなみに東洋医学で髪の毛は血余(けつよ)と言われています。つまり「良質な血液が良質な髪の毛を作る」と考えられているので体の中から美しい髪の毛を作るためにも味噌のパワーを活用しておきたいところ。

塩分の取りすぎで血圧が上がるんじゃない?ってのは勘違い

味噌を日常的に食べるとなるとどうしても気になってくるのが「塩分取りすぎなんじゃない?」問題。しかし、味噌汁には血圧を上げる効果はないというデータがあります。詳しくはコチラ

逆に世界では日本の伝統的な食生活がヘルシーだと注目されてますし、和食はユネスコの無形文化遺産として登録されています。ところが、和食はどうしても塩分が比較的多めになります。なんだか矛盾を感じますよね。

塩分=敵と考えらえがちですが、それは間違いでして詳しくまとめた記事は下記。

https://matakilog.com/aga-salt

それでも塩分が気になる!という人はナトリウムの排泄を促すカリウムを含んだ具(ジャガイモ、かぼちゃ、玉ねぎ)を味噌汁に入れれば解決できるので安心してください。

僕が毎日5分で作っている味噌汁の作り方

普段自炊しない人にとっては味噌汁を作るってハードルが高そうですよね。僕も実際に作ってみるまではそう思っていたのですが、いざ作ってみるとこれほど簡単でカスタマイズできる幅も広い料理はなかなかないというのが正直な感想。

僕は基本的にはズボラで可能ならば一日中どこにも出かけずに家でゴロゴロしていたいという人間ですが、そんな僕でも簡単でした。

作り方と材料

作り方は驚くほど簡単ですし、料理スキルのようなものはこれっぽちも必要ないのが味噌汁の魅力。

作り方は以下!

  1. お湯を沸かす
  2. 具を入れる
  3. ダシを入れる
  4. 味噌を溶かす
  5. 完成

驚きの4ステップ。

僕が実際に入れている具もシンプルで

  • わかめ
  • なす
  • 豆腐

くらい。

僕が実際に使ってる味噌

肝心の味噌ですが、僕はひかり味噌の味噌を愛用しています。ポイントは材料は大豆・米・天日塩だけというシンプルさ。旨味が半端なくこの味噌とダシを入れるだけで自宅で飲む味噌汁が料亭の味かと思うような革命が起きました。

おまけ:オススメコンテンツのご案内

今回は日本人にとっては馴染み深い食材である「味噌」のスーパーパワーについて取り上げましたが、大事なのって馴染み深いってことなんですよね。化学調味料や添加物まみれのコンビニ弁当が体にとっては良いことなんか1ミリもないのはご存知かと思いますが、これは化学調味料や添加物に人体が適応できないくらい新しすぎるから。

化学調味料や添加物に限らず新しすぎるものって僕たちの体にはあってないんですよ。スマホの見過ぎで視力が落ちるとかSNS疲れとか現代特有じゃないですか?とはいえ、今さらスマホがない生活に戻ることは難しいのでその中でどうやってパフォーマンスを上げていくのか?が問題。

その問題への科学的に効果の認められた方法を知って効果的にパフォーマンスを上げたい方には「最高の体調」がオススメ。

僕はこの本をAmazondでポチってその内容を取り入れてからは肉体的にもメンタル的にも自分史上最高のパフォーマンスになりました。まるでチートでAGA治療の効果もブーストされましたね。

僕のAGA治療の全てをまとめた記事はコチラ。AGAクリニックでは教えてくれない生活習慣やらメンタルコントロールやサプリメントなど効果のあった方法をまとめました。知ってると知ってないとではAGA治療の効果は天国と地獄ほど変わる自信がありますし、何よりゼロから調べる手間と時間を省けるので投資効果は高いですよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*