高校生なのにハゲ!?未成年から始める現実的AGA治療ロードマップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あれ?お前なんだかハゲてない!?」

僕がこの死刑宣告を受けたのは高校生の頃だった。思春期真っ盛りで自分には無限の可能性が眠っているという誰しも抱えている中二病的な夢から覚めた瞬間でもあった。なぜなら20年前の当時は一度ハゲてしまえば、死ぬまで一生ハゲというのが当たり前だったから。

高校生からハゲ始めてしまった男にどんな夢や希望を抱けというのか…。

しかし、現在は違う。

ハゲはAGA(男性型脱毛症)という名称を与えられ、治療薬を服用することで改善が期待できるようになった。あなたも広告でAGAクリニックの存在を知ったのではないだろうか。どういうわけかお笑い芸人がイメージキャラクターとなり身体を張って、その効果を宣伝しているが、その効果は個人差があるとはいえ、期待するなとは無理があるほど魅力的だ。

ただし、20歳以上に限る!

これが問題だ。未成年ではAGAを発症してハゲ始めてきてもAGA治療を受けることができないのである。数年もすればAGA治療を開始できるわけだが、これほど長い数年もないだろうし、指を加えてAGAが進行していくのを耐えるしかないというのは生き地獄でしかない。

そこで今回は実際にAGA治療をしてきて発毛に成功した僕が、「今の知識と経験を持った状態で高校生になったらどうするか?」という前提で設計した現実的なAGA治療ロードマップを公開する。

この記事を読めば20歳になってからのAGA治療でロケットスタートを成功させて抜け毛に怯えながら鏡を見る毎日から解放されるのをお約束する。「そもそもお前が発毛した証拠を見せろ!」と思うならば、コチラの記事を御覧ください。

未成年はAGA治療はできないという残酷な事実を受け入れる

いきなりガッカリさせるようで申し訳ないが、まずは未成年はAGA治療を受けられないという無慈悲な現実を受け入れることからが未成年の場合のスタートラインだ。

ウジウジして毎日を暗い気持ちで送るよりも現実を受け入れて20歳になってからAGA治療を確実に始めるための準備をコツコツと進めることが重要だ。

そんなことは分かりきっている!とキレたくなるかもしれないが、その気持ちは痛いほど分かる。なぜなら僕はあなたの仲間だからだ。

目が覚めれば枕元の抜け毛をチェック、顔を洗うときには鏡でM字の部分と頭頂部をチェック、シャンプーは髪の毛が抜けないように優しく行い排水口のチェック、風が強い日は最新の注意を払って登下校などしていた。

完全に無駄な努力。

あなたもこんなことをしているのなら、今すぐにでもやめよう。貴重な時間の無駄でしかない。

現実を受け入れて今の自分にできることを確実にこなしいていくタフなメンタルこそが未成年にとっては重要だ。そしてタフなメンタルはこの先何度もピンチに陥ったあなたが復活する起爆剤になる。

AGAを発症した事実は変えられないが、この先の行動と未来はいくらでも変えることができる。

では、具体的に何をしていけばいいのかを見ていこう!

諦めるのはまだ早い!未成年の間にやっておきたいAGA治療の為の5つの準備

いよいよ僕自身が「高校生の頃にやっておけば人生変わってたな」と本気で思うことをご紹介する。どれも決して難しいことではなく今日から実践できるものばかり。

具体的には次の5つに集約されます。

  1. お金を貯める、お金について勉強する
  2. AGAについて勉強する
  3. 生活習慣を整える
  4. 湯シャンに切り替える
  5. メンタルを整える

順番に解説していきます。

1.お金を貯める、お金について勉強する

AGA治療は保険が効かない自由診療。だから「ちょっと風邪引いたから病院で薬を出してもらおう」くらいの感覚でクリニックに行くと金銭的に痛い目を見る。

しかも決して安くない治療費が毎月かかる。これは学生(お小遣い制の旦那さんも)には痛い出費。費用はクリニックによって異なるが1万円くらいは最低でも必要だと思っておいたほうがいい。

だからこそ未成年の間に準備をしておくのだ。手っ取り早いのはアルバイトをしてお小遣いを稼ぎつつ、一部は将来のAGA治療費として貯金しておこう。

お金に関しては「バビロンの大富豪」をまずは読んでおけばOK。僕はこの本を読んで無一文の状態から2年以内に資産は1000万を突破できましたし、現在はサイドFIREのような生活を送っている。

余談ですが、将来的にお金に困りたくないのであれば、稼ぐスキルよりも貯めるスキルが最優先です。その練習がてらAGA治療のお金を貯めるところから始めてみよう。

髪が増えたとしても、お金がなくていつも支払いの心配をしながらの生活も生き地獄なのは、死んだ目をしてお金のために働くサラリーマンを見ればよく分かるはず。あなたには髪も増やしてほしいし、お金にも困ってほしくない。

2.AGAについて勉強する

「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」という格言を一度は聞いたことがあるのではないだろうか。戦略家として名高い孫氏の言葉であるが、要は自分が戦う相手のことをちゃんと調べておくといいよ!ということ。

AGA治療だって同じ。

自分で時間をかけて調べる手間を惜しんでしまうと、詐欺まがいの商品に騙されてせっかく稼いだお金をなくしていまいかねない。

「自分はそんな胡散臭い商品に騙されないよ!」と油断していると罠にはまります。実際、何の科学的根拠もない商品が広告で販売されている世の中。こうして誇大広告の餌食になっている人がいるという事実を知っておきましょう。それに詐欺師に騙された人の多くは「まさか自分が騙されるなんて思ってもみなかった…。」と言う。

あなただけが騙されないなんて保証はどこにもありません。

AGAのようなコンプレックスで悩む人をターゲットにした悪質な商品の特徴に関しては「AGA男性をカモにするトンデモ商品の5つの特徴と簡単な解決策」でまとめておきました。是非参考にしてください。

3.生活習慣を整える

あなたは自分の両親や大人が「昔は良かったなぁ」と言っている光景を目撃したことは少なくとも一度はあるはず。

これには2つの意味がある。1つは「昔は今よりもいい時代だった」というもの。もう一つは「昔は今よりも体力もあったし、記憶力も良かったなぁ」と自分のスペックの低下を悲しむもの。

前者は個人でどうこうできる問題ではないし主観の問題なので仕方がないけど、後者は実はそうでもないことが科学的に判明してきている。

老化は生活習慣を整えさえすれば遅らせることは科学的に証明されている。「そんなのは一部のお金持ちの特権じゃないの?」と思うかもしれないけど、勘違いだ。

時計の針を巻き戻すのにお金は必要ない。

次の3つの質をひたすらに改善していくだけだ。

  1. 食事
  2. 運動
  3. 睡眠

当たり前すぎて拍子抜けするかもしれないが、現実はそんなものです。当たり前のことを当たり前にやれない人が多いから当たり前のことに価値がある。

この記事を読んでいるあなたはおそらく学生だと思いますが、予習復習が大事なのは知っているでしょう。では、実際に予習復習をしていますか?

耳が痛いと感じたなら、この機会に自分の習慣を見直しみて欲しい。人生が驚くべきスピードで好転するのをお約束します。

4.湯シャンに切り替える

もしかしてあなたはドラッグストアで売っているような「いかにも効果がありそうなシャンプー」で髪の毛を洗っているのではないでしょうか?

すぐに捨てて下さい!

使えば使うほどあなたの頭皮環境は破壊されていき、草木一本生えない砂漠のような頭皮に将来的になってしまう確率が上がってしまうだろう。僕もかつては広告の文言に誘惑されて薬用シャンプーなどを使用していましたが、あんなものは百害あって一利なし。

市販のシャンプーに含まれている界面活性剤は頭皮を保護するバリアである皮脂を取り除いてしまいます。広告では「余計な皮脂を洗い落としてスッキリ!」と謳っていますが、余計な皮脂はぬるま湯で洗い落とせるって知ってますか?

ぬるま湯で十分なのに界面活性剤を使ってしまえば、必要な皮脂まで頭皮から奪ってしまうことになります。すると頭皮は乾燥から頭皮を守るために一生懸命に皮脂を分泌。

しかし、翌日にはまた界面活性剤で洗い落とされてしまう。今度はさらに多くの皮脂を分泌して対抗する。以下繰り返し…。

こうして皮脂の過剰分泌サイクルが完成する。こうなるとシャンプーをしないと頭皮と髪が皮脂でベタベタして気持ち悪いし、酸化した皮脂が悪臭を放つという状況になります。喜ぶのはシャンプーを販売してると頭皮湿疹などの医薬品を販売している会社だけだ。彼らはあなたの健康なんてどうでもいい、いや、健康になってもらっては困る。儲からなくなるからね。

少し脱線したが、現代のシャンプーは本質的には覚醒剤や麻薬のような中毒性のある薬物と何ら変わらない。

薬物中毒から脱出するにはどうするか?

簡単だ。薬物を断ち、禁断症状を乗り越えるしかない。皮脂の過剰分泌はすぐには解消されずに苦しいが、落ち着くと「どうして今まであんなことをしていたんだ!?」と思うくらいに湯シャンの快適さを実感する。

髪の毛のボリューム感は改善されますし、抜け毛も減るし、ハリコシも改善されるし、時間もかからないし、お金も浮くしでメリットだらけ。

5.メンタルを整える

鏡を見て自分の薄毛具合をチェックするようなことはやめましょう。どれだけ鏡を見たところでAGAは進行を緩めてはくれない。AGAにそんな慈悲はないし、チェックすればするほどメンタルは落ちていくだけ。

僕がそうだったからよく分かる。

冒頭で紹介したように、起きたら枕元の抜け毛をチェック、顔を洗うときには鏡でM字部分と頭頂部をチェックしてた。今思うと完全に無駄。読書や運動など生産的なことに時間を投資するべきだったと後悔している。どれだけ人生が豊かになっていたことか…。

あなたにはこんな後悔をしてほしくはありません。

僕はチェックすることにウンザリしたので最終的には丸坊主。同級生がワックスなどで髪型をセットしているのは羨ましかったが、潔くなるのも悪くない。少なくともハゲから坊主にクラスチェンジすることで劣等感はいくらか緩和される。

他人と自分を比べるのはやめよう。今の自分にできることを今の自分にできるペースでコツコツ取り組んでいけば必ず人生は良い方向に変わっていきます。

以上が、未成年の間にやっておいたほうがいい準備です。

いきなり全てを実践しようとすると息切れするだろう。少しずつ手を付けていくことをおすすめする。焦る気持ちは理解できるが、未成年であるということは大人が持っていない圧倒的なアドバンテージがあることを忘れないでほしい。

あなたたち未成年には、どれだけ大金を積んでも買い戻せない時間という最強の資産がある。

20歳になってからのAGA治療プラン

ここからは20歳になってからのAGA治療プランについて解説していきます。

AGA治療は非常にシンプルで投薬治療。間違ってもドラッグストアで手に入る育毛剤やネットで溢れているトンデモ商品などには手を出さないように!

問題は治療薬をどうやって手に入れるか?だけ。

AGA治療を手に入れる方法は次の2つ。

  1. AGAクリニック
  2. 個人輸入

1つずつ見ていこう。

AGAクリニック

正直、最初はAGAクリニックで治療薬を処方してもらうのがいい。自分でAGA治療について勉強していけば次に紹介する個人輸入のほうが圧倒的なコスパで経済的負担はほぼないという事実に到達する。

しかし、医薬品には副作用がある。副作用は風邪薬を飲んだら眠くなるというような症状だ。副作用が出るかどうかは実際に医薬品を飲んでみないことには分からないから、どうしても不安になるもの。だから医師の方と二人三脚で最初はAGA治療を始めよう。

そうすれば不安なことや疑問に思うことを医師というパートナーに相談できる。コストはかかるが、勉強代と相談料と思えば治療を始めたばかりの頃は価格相応の価値がある。

気になるのはクリニック選びだが、正直どこでも一緒だ。説明したとおり、AGA治療は投薬治療がメインであり、服用する医薬品の成分はどのクリニックでも同じ。まさかマツキヨで買ったパブロンとスギ薬局で買ったパブロンで効き目が違うとは思わないでしょう?

とはいえ、できるだけコストを抑えて発毛効果は実感したいというのが本音だろうから、オンライン診療に対応しているクリニックを選ぶのがおすすめ。オンライン診療ならば交通費と移動時間がかからないし、AGAクリニックに入っていくところを誰かに見られる心配もない。

そんなわけで改めてググってオンライン診療に対応しているクリニックをリサーチしました。

結論としては、これからAGAクリニックを始めようかと思っている人は「AGAヘアクリニック」がおすすめ。

サッカー選手の長友佑都選手がイメージキャラクターであることでも有名ですが、治療プランがシンプルで評判が良いのがAGAヘアクリニック。

AGAヘアクリニックは、ウェブサイトで治療プランが公開されており、AGA男性に寄り添った治療方針が最大の特徴。後で説明しますが、他のクリニックのように高額なオプションなどはないので、強引なセールスなどをされる心配もありません。

AGAクリニックとしては非常にシンプルな治療プランで、「思ってたよりも高くついた…。」となる心配もなく安心してAGA治療を始められる誠実なAGAクリニックです。

クリニックで無料カウンセリングを受けるのはおすすめだが、注意点が一つだけある。

メソセラピーなどの高額オプションを薦められても絶対に話に乗ってはいけない。メソセラピーが有効だと思わせる症例写真など見せられるかもしれないが、その効果の土台になっているのはAGA治療薬での投薬治療だからだ。どのクリニックもメソセラピーなどを薦めてくるが、単純に儲かるからだろう。ずる賢いようだが、医師の知識を使い倒して自分にとって都合のいい選択をするようなしたたかさを持とう。

こう聞くと尻込みするかもしれないが、感覚的にはオープンキャンパスに行くくらいのノリでOK。オープンキャンパスに行ったからといって、入学する義務はない。雰囲気が合いそうにないないなぁと思ったら乗り換えればいいだけだ。

AGAクリニックはググれば大量に出てくる。主導権はあなたが握っている。

個人輸入

海外からコスパ抜群の医薬品を輸入代行業者を通じて手に入れる方法が個人輸入です。

先ほどから何度も言っているかもしれないが、メリットはコスパとオンライン完結スタイルで時間がかからないことAGA治療についての知識を身に着けたら個人輸入に切り替えても良いのでは?というのが僕の個人的見解。

参考までに僕はクリニックなら15,000円〜20,000円(月間)の治療薬を薬2,000円ほどで購入している。大体相場よりも一桁安くなるのが個人輸入だ。

ただし、海外から輸入した医薬品を使用して健康上の問題が起きた時には「医薬品副作用救済精度」の対象外になることは覚えておこう。医薬品副作用救済制度とはざっくり言うと、「医薬品を適正使用したのにも関わらず日常生活に支障が出るレベルの副作用が出たら医療費などを給付しますよ」という制度。

厚生労働省のホームページにも個人輸入した医薬品による健康被害は救済対象とならないことが明記されているので、副作用が起きたらどうしようと心配になる人はクリニックで国内で製造された治療薬を選択するのがベター。

僕の個人輸入についてまとめた記事も個人輸入ってぶっちゃけどうなの?と思う人は御覧ください。

さて、ここまでをまとめた僕のおすすめのアクションプランは、「AGAクリニックに半年ほど投薬治療だけを受けつつ、医師に質問しまくり知識を吸収してから個人輸入に乗り換える」だ。

小賢しいかもしれないが、現実には生きていくためにはお金は必要なので省けるコストは積極的に省いて、他の価値ある物や体験に投資したい人はこのプランを採用しよう。

勉強すればAGA治療で失敗する確率は余裕で下げられます

今回は「自分が今の知識・経験を持った状態で未成年だった場合どうやってAGA治療をするか?」というコンセプトで現実的なアクションプランをまとめた。

AGAは進行性なので20歳になったらすぐにでも僕なら治療を開始しよう。とはいえ、20歳になるまで何もしないのも嫌だし苦しいだけだ。だからこそ、人生の質を上げる習慣や知識にガンガン時間を投資していく。

僕はこの自己投資を完全にサボって無価値なことに時間を使っていたので社会に出てからものすごーく苦労した。特にお金と健康は人並み以下の状態で生きているのがただただ辛かった。

この記事を読んでくれているあなたには人生を楽しんでもらいたい!と思っているのでできる範囲でいいので(毎日10分でもいい)この記事に書いてあることを実践してください。

1年後には見える景色が変わっているのはお約束します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*