2020年 8月 の投稿一覧

20年前の僕に届け!AGA治療をして人生は変わった者からの手紙

どうも、マタキです。

今回は、「AGAを発症した高校時代の自分」に向けて手紙を書いてみようかと思います。もう少し深掘りすると「AGAを発症して毎日鏡を見ては暗い気持ちになり恋も勉強も何もかもが中途半端で不完全燃焼な毎日を送っている高校生の自分」です。

かなり後ろ向きというか、もはや陽の当たらない地下帝国のさらに地下みたいな闇の中を這いつくばっているような高校時代でした。もしかしたら、今同じように感じている人がいるかもしれません。

そんな人の希望になれば良いかなと思い、気まぐれに書いてみることにしました。特にAGA治療に役立つ情報はありません。ただ、昔の僕に向けてエールを送りたいだけです。

誰も僕のことなんか興味ないから他人の目を気にするだけ無駄

まず、他人の視線に怯えるのはやめよう。誰も僕のAGAになんか興味なんかないよ。中にはからかってくる人もいたけど、正直僕にとっては意味のない存在だった。大体、人がコンプレックスに思ってることをいじって笑うような人と仲良くなったってちっとも楽しくないだろう?

人はみんな何だかんだで「自分のために生きてる」。「世のため人のために!」みたいな人も一定数はいるのかもしれないけど、そんな人はごく少数だ。まずは自分の幸せを徹底的に追いかけろ。

自分が好きと感じたものに嘘をつくな。それを他人がどう思うかなんて考える余地は1ミリもない。自分の好きなものに口を出してくる奴なんて僕にとっては最も無益な存在だ。

失敗することもあるけど、それは「一皮剥けようとしている挑戦」だから。失敗を笑う奴は僕が進化していって置き去りにされるのが怖いと内心はビクビクしている奴だ。

僕は僕にしかなれない僕を目指して生きればいい。最初はとても孤独で何をしているんだろうと思う日ももちろんある。だけど、続けていけば少しずつ見える景色は変わる。

振り返って自分が通ってきた道を見てみたら、随分遠くまで来たことに驚くよ。

AGAというコンプレックスはお前を覚醒させる

そして、ものすごいことを告白する。AGAというコンプレックスは武器になる。どういうことか意味不明だろうけど、これは本当だ。クリニックや病院に行くことなくPC一つで情報を集めて治療法を検証してAGAを克服して、その方法をネットで販売してお金だって稼ぐようになる。

これは僕がAGAから目を背けることなく、ずっと継続してきたからだし、その過程でライティングスキルが上がり文章を書いてもお金を稼ぐようになってるから。びっくりした?

小さい頃からストーリーが好きで演劇したりしてお芝居でお金をいただいたこともあるけど、根っこは変わってないよ。枯したらダメだからな!

「もうダメだ」と思ったところからは逆転劇しかない

僕は人よりも多く挫折するようになるし、仕事も人間関係だってズタボロになる時がある。でも、そこから多くのことを学び、財産にすることができる。それは、僕が挑戦することを絶対にやめなかったからだ。

僕に一つだけいいところがあるとすれば、やれそうなことはとにかくやってみる、それもうまくいくまで、ずっとだ。

アニメや漫画や読書が大好きな超絶インドアで隠キャだけど、それが自分なんだと受け入れた時が覚醒する時だ。夜明けに向けて準備することを絶対にやめないで欲しい。

まとめ:実はAGAってそこまで大した問題じゃなくて、自分という人間が小さいだけだ

最後に、実は僕はAGAってことにそこまでコンプレックスに思わなくなる。それはPCとの出会いがそうさせてくれたんだけど、おかげで人に届けるコンテンツを持つことができた!と思ってるくらいだ。

AGAっていう病気がものすごい大きい問題ではなくて、僕という人間があまりに小さかったというだけの呆気ない話。もちろんこの記事を書いている今もどうしようもなくちっぽけで足掻いてる真っ最中だけど、それすら楽しんでるのは嘘偽りない本心。

だから、顔を上げて自分の足で立って歩き続けよう。僕は歩くのは遅いけど、他の人が休んでいる時も歩みを止めない。

 

最後に僕が作ったコンテンツを送る。人生の結晶の一つでかけがえのないものだ。

https://note.com/matakifukuoka/n/n6e924af4ca1d

AGAクリニックが価格競争に巻き込まれないためのプランを考えてみた。

こんにちはマタキです。

僕はAGAクリニックに行かずに個人輸入で海外から医薬品を輸入しているのですが、別にAGAクリニックが嫌いというわけでないんですよ。単純にコスパがクリニックだと良くないと思っているから。

同じ医薬品ならお得に購入できる個人輸入は魅力的じゃないですか?AGA治療薬はずっと飲み続けなくてはいけないのでランニングコストはバカにならないですよね。僕の場合は現在は治療薬にかかるコストは月額2000円ほどですが、クリニックの先生に「月額2000円で、デュタステリドとミノキシジルタブレット5mgを処方してくだい!」なんて言おうものなら追い出されますよ。向こうも商売ですから。

何が言いたいかというと、単純にAGA治療薬だけの話なら市場の相場は海外での価格になっちゃうんですよ。

これは何もAGA治療薬だけの話ではなくて、例えば、「髪を切る」ってだけなら市場の相場はQBハウスによって1000円くらいってのが基準になってしまってます。

他にも身近な例だと、スーパーで食材を買う時も、安いところを見つけたら、そこを基準にしませんか?同じ商品で高く売ってるところを見つけたら「ここは高いなぁ…」って思いませんか?僕はコスパに敏感なので思います。

似たようなことがAGAクリニックでも起こる、もしくは起っていると思っているので今回はAGAクリニックが生き残るためにはどうすればいいのか?について勝手な妄想をぶち上げます。すでに現実のものになってるならゴメンね!

ちなみに以前に似たような記事を書いて、AGAクリニックの方からモーレツにコメントをいただきました。

AGAクリニックがこれからの戦国時代を生き残るために何をすればいいのか?

AGA周辺ビジネスは穴場じゃないか?

結論からネタバレするとAGAの「周辺」や「関連」ビジネスにAGAクリニックという入り口からお客さんを流していくのが良いんじゃないかと思われますね。

まずはAGAを因数分解

どういうことかと解説していく前にまずはAGAとAGAクリニックの位置関係について見直してみたいと思います。ここではAGAを「結果」「要因」「原因」「施策」という4つの要素に分解してみますね。

すると

結果=ハゲる
要因=生活習慣(食習慣、運動習慣、睡眠)
原因=AGA
施策=AGAクリニック
といった感じになります。あくまで僕なりの分析ですので、異論は認めます。ここから分かるのはAGAクリニックは「原因」であるAGAそのものに「お薬で治療しようよ」というビジネスだってこと。
極論ですが、これだと別にドラッグストアと変わらないんですよ。だから価格競争に巻き込まれる。ロキソニンを買いたいならマツキヨで買ってもサンドラで買ってもAmazonで買っても物は同じだから価格で差をつけるしかないじゃないですか?
こんなことしてたら利益が削られまくって疲弊するだけで得するのは賢い消費者だけ。
AGAクリニックだって同じです。そこで差別化のためにメソセラピー等の高額オプションがあるわけですね。このオプションについては僕は詳しくないですし、そもそも「個人輸入でクリニックは利用しない」スタイルなので言及しませんが、ぶっちゃけ差別化は難しいと思う。
真似されるから。
どこのクリニックもメソセラピーや似たようなオプションがあるじゃないですか?
だから、結局は同じなんですよ。日本がどれだけハイスペック製品を出したところで、コスパの良い海外商品に市場を奪われていったのと同じ現象が起こるだけ。

AGAクリニックの次のビジネスモデルはコミュニティだと思う

じゃあ、AGAクリニックに未来はないのかと言うと、僕はそうは思ってません。

結果=ハゲる
要因=生活習慣(食習慣、運動習慣、睡眠)
原因=AGA
施策=AGAクリニック
もう一度さっきの因数分解を振り返ってみると、まだ「要因」に対するアプローチがガラ空き。
ここを攻めてるYouTuberもいるけど、やってるのは素人じゃないですか?
ここにAGAクリニックが参入すれば正直黒船来航くらいのインパクトがあるんじゃないかと思う。
なぜなら、AGA治療して、髪の毛が生えたり、増えたりしても欲望や問題は尽きないから。
髪の毛の悩みだけが男の悩みですか?そんなことないですよね?太ってるよりも筋肉質な方がいいし、不眠症で悩んでるよりも質の高い睡眠を取りたいし、健康な食生活を送りたいじゃないですか?これだけだと当たり前すぎるけど、AGA治療っていう切り口から、こういう「要因」に関する有益な情報を得られるサブスクモデルなりコミュニティがあれば良いと思うのです。
ぶっちゃけ、AGAの悩みなんて人になかなか相談できないですし、ネットで有益な情報を探そうにも広告だらけで地雷原を進むくらいの危険と隣り合わせな行為だと思ってるんで、AGA治療をしてる人のコミュニティがあって情報交換できる場ってそこそこニーズあるんじゃないかと。あとやっぱり仲間がいるって感覚は大事。「悩んでるのは僕だけじゃないんだ」って肌感覚で体感できるのはポイントじゃないでしょうか?
月額500円(税込550円)くらいでAGA男性のQOLが上がる科学的に証明されたコンテンツを配信するアプリでもいいし、YouTubeで無料で配信して広告収入を狙ってもいい。
メンタリストDaiGoさんとかマコなり社長のYouTubeチャンネルのイメージがしっくりきますね。どちらのチャンネルも無料で有益な情報を提供して、視聴者にギブしてから有料コンテンツの案内してるじゃないですか?来年はプログラミングに挑戦してみようとか最近思いますもん、実際。
このスタイルをやってるAGAクリニックってないと思うんですよ。もったいない!無料相談やカウンセリングをしてる!って反論されそうですけど、それ完全に労働で資産性がないですよね?新規を獲得する入り口が限られて拡散性がないと、またコロナみたいなことになったら新規が取れなくなっちゃう…
AGAって切り口からAGA男性のQOLを上げるノウハウに味付けして情報発信すれば、巷のノウハウだって立派なAGA男性向きのノウハウに変わりますよ。おでんの残りにカレーのルーを入れたら美味しいカレーができるじゃないですか?ちょっと乱暴な例えかもしれませんけど、このくらいの大転換しないと厳しいんじゃないかなぁ…

まとめ:AGAクリニックはAGA治療だけじゃダメだと思う

僕は 「クリニックを利用せずに個人輸入の医薬品でAGA治療スタイル」ですけど、別にAGAクリニックが嫌いなわけじゃないんですよ。僕は自分で色々調べて何が効果があるのかとか、QOLが上がるルーティーンとかテストするのが好きですけど、そんな人はそもそも少ないと思います。

多くの人はそんなことに時間をかけたいとも思わないでしょうし、忙しい現代社会では正直かけられないかと思います。だから僕がブログでまとめて届けられたらと思い記事にしているわけですが。

だけど、これがクリニックであれば、広告で新規を獲得することも、既存のお客様からの口コミだって狙える。そうすれより多くのAGAで悩んでいる男性を救って日本を明るくできると思うんですよね。

AGAクリニックが治療だけでなく、その後のAGA男性のQOLを大きく左右するであろうコンテンツを資産性のある施策で提供できれば、運営も安定するでしょうし、集客チャンネルも増やせて、まさにWinーWinかと思うのですが、いかがでしょうか?

 

30代でも20代と変わらぬ体型と体調を維持する秘密の方法

こんにちはマタキです。

30代に入ると急に太りやすくなったという友人が周りにはいますが、僕は20代の頃と変わらない体型をずっと維持していますし、むしろ若い頃よりも元気!笑

その秘密はプチ断食。

このプチ断食をするようになってからは体型維持に悩まされるというストレスからは解放されましたし、特にカロリー制限もしてないので食べたいものを気兼ねなく食べてます。(現在は菜食でして、詳しくはコチラ

今回はそんな魅力的なプチ断食の驚きの効果とそのやり方をご紹介。

プチ断食で得られるメリット

プチ断食で得られるメリットはものすごーく沢山あるのですが、今回はその中でも僕が実際に体験したものをいくつかセレクトしました。

プチ断食をすれば、あなたも同様のメリットを体感する可能性は高い!

腹筋が割れた

僕は別にジムに行くこともありませんし、何か特別な器具を使ったトレーニングもしてません。筋トレは毎日してますが、10分にも満たない時間です。体を起こすためだけのトレーニングでムキムキのマッチョになるためではない。

それでも腹筋はうっすらと割れていて脱ぐと驚かれる。

これも当然で、腹筋をしたところで腹筋は割れません。腹筋を割ろうと思ったらしなくてはいけないことは脂肪を落とすこと。

つまりは摂取カロリーを落とすことが必要なわけです。結局カロリー制限かよ!と思うかもしれませんが、プチ断食ならこのカロリー制限が苦痛ではなくなる。

プチ断食をすると食欲が自然と落ち着いてくるので、結果的に摂取カロリーが少なくなり腹筋が割れる。

腹筋を割るためにジムとかサプリを活用するお金があるなら、もっと他に有意義な使い方を検討したいいと思います。

でも、筋トレはQOLを上げるためにやったほうがいいよ!筋トレは人生を変えてくれるのでいくつか記事を書いてます。笑

【絶対に失敗しない】薄毛男子こそ筋トレで育毛効果を得るべし【実体験です】

肌荒れしなくなった

もともと肌はキレイなタイプで化粧水とか全く使わないのですが、さらに荒れなくなりました。

プチ断食をすると肌のコラーゲン量が上がり、肌の保水量が増えて美肌になることが動物実験でわかってます。

夜中に目が覚めることがなくなった

夜中に何度も目が覚めて目覚めた時から疲れているという何のために眠っているのか分からない謎の行動を繰り返していましたが、プチ断食が当たり前になってからは劇的に目覚める回数が減った。

サプリメントも使用していて結構マシにはなっていたけど、プチ断食が睡眠障害にトドメを刺し、朝の目覚めもまるで今生まれたかのような爽快感で頭と体が軽い軽い。

風邪をひきにくくなった

20代の頃は毎月というか毎週のように風邪を引いていて風邪薬を手放すことができなかったという異常事態でした。運動をしたりサプリメントをしたりと結構いろいろなことを試したけど、効果は今一つ…

風邪をひきやすいと仕事にも影響が出るし、せっかくの休みも寝てるだけとかで全然楽しくない。

が、プチ断食をし始めてから驚くくらい体調を崩さなくなった。こんなのは小学生以来。

ちなみに動物実験でもプチ断食をすると風邪をひきにくくなるという結果が出てるので結構再現性は高いと思いますよ。

あと冷水シャワーも同様の効果が報告されてるので体調を崩しやすいと感じる方はお読みください。

AGAでシャワーが恐怖だった僕がシャワーを好きになった理由

メンタルが安定するようになった

以前の僕はちょっとしたことでイライラしたりして、メンタルが不安定で正直あまり近寄りたくないヤツだったと思う…おまけにAGAで劣等感も抱えてて漆黒よりも黒いオーラをまとってました。

ですが、プチ断食をするようになってからは悟りを得たかのように穏やかになりました。仏教で悟りを開くために断食がある理由を身をもって体験。

多少のトラブルがあっても、メンタルは晴天で、冷静にトラブルに対処できるようになりました。

血液がサラサラになる、血管の状態がよくなる

これも動物実験で報告されていることですが、プチ断食をすると

  • 中性脂肪が減る
  • LDLコレステロール値が低下
  • 血糖値が低下

するとわかっています。

AGAで悩んでいると血行のことがどうしても気になるのですが、この点に関してもプチ断食は満足させてくれます。効果に定かでない血液クレンジングを数万円かけてするくらいなら0円でプチ断食する方がコスパでも高価でも優れてるんじゃないかと個人的には思ってます。

思考がクリアになって仕事がサクサク進む

メンタルの安定と関連しますが、ものすごく思考のノイズが減ります。食欲の奴隷になっていた頃からは考えられないくらいに思考がまとまって行動に反映させやすくなりましたね。

ただ捗るのは良いのですが、やりたいことが沢山出てくるのでその整理整頓は大変になるという地獄…

効果的なプチ断食のやり方と注意点

食べても良い時間帯を決める

プチ断食のメリットを色々と紹介しましたが、僕たち現代人が抱える健康問題をゴッソリ解決するくらいのインパクト。これだけのメリットがあるんだから、もしかしたら実践するハードルは高くて自分には無理なんじゃと思うかもしれませんが、そんなことはないので大丈夫!

食べても良い時間帯を決めるだけ!

例えば、僕の場合は9時から17時までの8時間は好きに食べて良い時間として設定してます。それ以外の時間は水、お茶、プロテインしか摂取しません。固形物は食べない。

本当にこれだけ。

16時間は食べない時間を確保するようにしましょう。この食べない時間って言葉だけ聞くと拷問のように思うかもしれませんが、こう言い換えてみてはどうでしょう?

食べない時間=体をケアする時間

消化活動は内臓に負担を与えて、体に疲れ(=炎症)を蓄積させます。消化活動に費やす時間を減らして内臓の炎症レベルを下げてやることで疲れにくい体が手に入るので空腹感を感じたら「おっ、体が回復モードに突入したな」と僕は考えてます。

タンパク質は積極的に摂取しよう

気をつけないといけないのがタンパク質不足になってしまわないようにすること。断食で痩せた!と思う人はタンパク質不足で筋肉量が落ちたという場合が多いです。脂肪よりも筋肉のほうが重いので筋肉量が落ちれば一時的には体重が減って痩せたと思いがちですが、実際は代謝が落ちてしまっているので脂肪を燃やしにくい体になってるんですよ。

味噌汁に豆腐を入れる、納豆を食べる、とか大豆食品を取り入れるようにするとタンパク質は意外に簡単に摂取できるのでオススメ。これに僕は豆乳+プロテインという組み合わせでタンパク質を接収してます。

AGA男子が教えるAGA治療をアシストする美味しいプロテインの飲み方

まとめ:プチ断食こそが健康への架け橋

一日三食の人からすると「プチ断食」でさえ苦行のように感じられるかもしれませんが、日本で一日三食になったのは実は明治時代以降とされておりごく最近。その結果、長い人類の歴史から考えると現代人は明らかに食べ過ぎで内臓が休む時間がなくなってしまいました。人間は飢餓には適応できても、飽食には適応できないようにできているので、現代の食生活と人体のミスマッチが様々なトラブルを引き起こしているのです。

不自然な食生活を見直し、あなたの眠ったパフォーマンスを目覚めさせませんか?

おまけ:合わせて読みたい

食生活だけではなく、現代はミスマッチに溢れています。例えば、スマホ。10年前では誰がみんなスマホで映画を見たり、本を読んだりする生活を想像したでしょうか?結果として便利になった反面、視力の低下だったりSNS疲れのような問題も出てきました。

もちろん、今さらスマホがない生活に戻ることは難しいのでスマホのような「新しすぎるもの」とはうまく付き合っていく必要があります。

僕が参考にして効果があったのは「最高の体調」というメンタリストDaiGoさんも信頼する鈴木祐さんの本でYouTubeで紹介されているのを見てソッコーでAmazonでポチりました。笑

 

今回は「プチ断食」という食生活について紹介しましたが、僕がAGA攻略をする時に実践したルーティーンに関してはnoteで販売してますので良ければそちらもご覧ください。

https://note.com/matakifukuoka/n/n6e924af4ca1d